商品計 : 0円 (0点)  お買い物カゴ

ご利用案内

「のし」の基礎知識

「熨斗(のし)」は、昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことに由来しており、「のしあわび」の略です。 後に昆布や紙で、代用されるようになりました。 現在は簡略化され、印刷熨斗や折り熨斗(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)を使用した「のし紙」や祝儀袋が一般的となっています。 品物と一緒に目録をつけて贈るというしきたりも簡略化され、相手に中身を伝えるため、のし紙の表書きを書くようになりました。 また、のし紙をかけることは昔から引き継がれている正式なマナーですが、気の置けない相手の場合はリボンでのラッピングでも問題ありません。 ただし、のし紙をかけたらリボンはNGです。

「のし」の種類

贈り物に水引と熨斗の入ったのし紙をかけることが、現在の一般的なギフト包装です。 水引とは贈り物の包み紙を結ぶ紙紐のことで、基本的に本数は奇数で、目的によって結び方も異なります。 のし紙をかける際、適していない結び方のものを選んでしまうと失礼に当たりますので、十分に注意しましょう。 また、生鮮品や仏前へのお供え物には、熨斗なしのかけ紙を使用します。

祝いのし 紅白蝶結び

一般祝事、お中元・お歳暮には、「何度でも繰り返したい」という願いから、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用します。

祝いのし 結び切り

「固く結ばれて離れない」ことから、主に婚礼関係の祝事に使用します。

祝いのし 結び切り(熨斗なし)

「重ねて起きて欲しくない」という思いを込めて、お見舞いや全快・快気祝いなどに用います。

仏のし(藍銀 蓮)

二度と繰り返したくないお悔やみ全般に対しては、水引は結び切りで一般的に黒白を使用します。

仏のし(黄白)

二度と繰り返したくないお悔やみ全般に対しては、水引は結び切りです。関西地方で多く使われます。

「のし」の書き方

のし紙の上段中央には、表書きを記します。 慶事には墨色をを濃くして御祝の心をこめ、弔事には墨色を薄くして悲しみの気持ちをあらわします。 下段には表書きより少し小さく、贈り主の名前を書き入れます。 書く時は黒墨の毛筆を使用することが正式とされていますが、 最近では筆ペンやサインペン、フェルトペンで書かれることも多くなりました(ボールペンはNGです)。 重要な贈り物や目上の方には、毛筆もしくは筆ペンで書くことが礼儀でしょう。 また、自己流の崩した文字も失礼に当たりますので、できるだけ丁寧に、楷書で書くことが望ましいです。

表書き 贈る側として

結婚祝い 寿/御結婚御祝/御歓び/御祝
出産祝い 御安産御祝/御出産御祝/祝出産/御祝
宮参り 御宮参御祝/御祝
初節句 御初節句御祝/祝初節句/御祝
七五三 七五三御祝/御祝
入園・入学・進学・卒業
就職祝い
御入園御祝/御入学御祝/御進学御祝/御卒業御祝/御就職御祝/御祝
成人式 御成人御祝/祝御成人/御祝
長寿祝い 寿福/御祝(61歳…祝還暦、70歳…祝古稀、77歳…祝喜寿、80歳…祝傘寿、88歳…祝米寿、
90歳…祝卒寿、99歳…祝白寿、100歳…祝百寿)
病気見舞い 御見舞
新築祝い 新築御祝/御祝
仏事 御霊前/御供

表書き お返し

結婚祝い 寿
出産祝い・宮参り・初節供 内祝(名前は子どもの名前を記載)
入園・入学・進学・卒業
就職祝い・成人式
内祝(一般的にお返しは不要で礼状のみ。相手によりお返しする際は「内祝」で)
長寿祝い 内祝/百寿(還暦・古稀…)内祝
病気見舞い 快気祝/全快祝/内祝
新築祝い 内祝
仏事 志/満中陰志/茶の子/粗供養