• TOP
  • モンドセレクションから数々の賞を受賞いたしました
商品計 : 0円 (0点)  お買い物カゴ

モンドセレクション 最高金賞受賞

世界食品オリンピック、食品のアカデミー賞とも呼ばれ、世界的に権威のある食品品評会モンドセレクション2015にて、 アサムラサキが出品した下記商品が「最高金賞」受賞いたしました。

7年連続:かき醤油、白だしかき醤油
6年連続:金ごまわさびドレッシング
5年連続:紫の君、ごまゆずドレッシング
4年連続:ごまだれゆず胡椒
3年連続:ごまだれ
2年連続:黒ごまだれ
初 受 賞:クルミドレッシング、ピリ辛ごまだれ

モンドセレクション2015受賞式

モンドセレクションとは

採点

「食のオリンピック」「食のアカデミー賞」と称され、毎年750社以上の食品メーカーが自慢の製品を出品してその品質を競い合う世界最大級のコンテスト。EEC(欧州経済共同体)とベルギー王国経済省が1961年から開始した国際的に権威のある品評会。「衛生」「味覚」「原料」「パッケージ」などの分野から多面的に審査され、受賞した製品は国際的に通用する製品として評価されています。

iTQi 日本初の快挙を達成

2015年iTQi(国際味覚審査機構)にて、アサムラサキが出品した下記商品が受賞いたしました。 ピリ辛ごまだれが3年連続3ツ星受賞のみ与えられる『クリスタル味覚賞』授与など、快挙を成し遂げました。

3年連続「3ツ星」受賞『クリスタル味覚賞』:ピリ辛ごまだれ
「3ツ星」受賞:ごまだれゆず胡椒
「2ツ星」受賞:かき醤油味付けのり、ごまだれぽん酢、イロドレ生姜レモン

iTQiとは

International Taste & Quality Institute(iTQi国際味覚審査機構)は、世界中の味覚的に優れた食品および飲料品の審査、表彰、 プロモーションを行う世界有数の独立機関です。ヨーロッパで最も権威のある12の調理師会と、 国際ソムリエ協会(ASI)に属する一流シェフやソムリエが熟練した感覚で厳正な審査を行います。

iTQi2015受賞式

かき醤油ご愛用ユーザー様からの声

林 倫男シェフ
 
広島県福山市東町に在る、ワインとあぶり焼きの店、レストラン「壱乃藏」のオーナーシェフ。 築60年の藏を改造した重厚かつモダンな店内にはワインセラーがある。
営業時間/17:30~23:00 オーダーストップ22:00
ご予約・お問い合わせは TEL:084-926-6824
http://www.ichinokura-net.com/

日本醤油協会が認めた「醤油名匠」、レストラン「壱乃藏」の林オーナーシェフが語る。

 「壱乃藏」はステーキメニューを中心に、活伊勢海老、活アワビ、旬の魚介類を使った料理を楽しんでいただく鉄板焼きのレストランです。 コース料理10種類、単品料理約60種類のメニュー、その中に使うソース、たれ、ドレッシングなどは、醤油抜きでは成り立ちません。 ステーキは「醤油にからし」もしくは「ぽん酢」。伊勢海老は「醤油ベースの洋風ソース」、アワビは「醤油ベースのバターソース」。 個々の料理を挙げればきりがありません。日本人にとって、そして私にとって、醤油の「美味しさ」は欠かせません。 レストランだからといって洋風のソースにこだわると、料理全体が重くなって最終的に後味の重い印象になると思います。
 私のレストランにとって「醤油は、お客様をほっとさせるおもてなし」だと思っています。
 
 「かき醤油」はバター、そしてサラダオイル、オリーブオイル、マヨネーズなどの洋風素材と相性が抜群です。 バターを少し温めたところに「かき醤油」を加えるだけで、立派なソースになります。味も香りも抜群。どんな料理にもよく合います。 「かき醤油」独特の旨味、香り、甘味は他の素材を引き立てる万能選手です。普通の醤油ではぜったいできない味になります。 普通の醤油でやってみるとおいしくないけど、「かき醤油」でやるとおいしい、ということがよくあります。 普通の醤油では醤油が立ちすぎてしまうところも「かき醤油」なら丸くおさまるんです。 すごくバランスがいいので何にでも合わせやすく、ご家庭でも、使いこなすと料理のバリエーションがぐっと増えます。 家内も「かき醤油」はきらしませんね。

杉本彩さん、初の料理レシピ本の中にアサムラサキの「かき醤油」が登場。

杉本彩さんに学ぶ「モテてキレイになるレシピエッセイ」決定版。

テレビ朝日系の料理バラエティ番組『愛のエプロン』で数々の優勝を果たし、男性に喜ばれる料理には定評のある女優の杉本彩さんが、 初めてのレシピ本を出版されました。
 食べて自分もキレイになり、男性の心をつかんでしまおう!という、恋愛と美容に効果バツグンのレシピを初公開。 さらに、杉本さんが自身の経験を元に、恋愛・美容と食事について語るエッセイも収録しています。 男性を虜(とりこ)にするテクニックが満載の一冊です!